取扱事件 | 東京法律事務所

登記

不動産登記

不動産登記

不動産登記とは?

不動産登記は、皆様の大切な財産である不動産(土地・建物)の所有者の住所・氏名などを登記簿という国が管理する帳簿に記録して公開し、不動産の権利関係を誰もがわかるようにして、皆様の権利と取引の安全を図るものです。

どんな時に登記をするの?

不動産登記が必要な代表的なケースは下記の場合です。


  • 所有者が亡くなった場合(相続登記)
  • マイホームなど不動産を購入する場合(売買登記)
  • 不動産を生前贈与する場合(贈与登記)、等価交換する場合(交換登記)
  • 離婚して不動産の名義を変える場合(財産分与登記)
  • 融資を受け、不動産に担保を設定する場合(抵当権設定登記など)
  • 住宅ローンを完済した場合(抵当権抹消登記)

登記をしないとどうなるの?

不動産を取得した場合などに登記をしないでいるとどうなるでしょうか? 例えば、所有者が亡くなったのに名義変更の登記をしないでいると、相続人が相次いで亡くなって相続関係が複雑化した場合、戸籍謄本などの書類を集めるだけでも大変になり、さらには相続人同士の話し合いが上手くいかない、などのケースもあります。
売買の場合では、売主が第三者にあなたが購入したのと同じ不動産を二重に譲渡してしまった場合に第三者が名義変更の登記をしてしまえば、あなたは法的に所有者であることを主張することができなくなってしまいます。
このようなトラブルに発展する前に、不動産を取得した場合などには、速やかに登記をすることをお勧めいたします。

不動産は人それぞれ思い入れのある大切な財産です。当事務所には、登記申請を行う専門家である司法書士もおりますので、大切な財産の登記を安心して完了させることができます。



執筆者:司法書士 半田 久之

ご相談のご予約は、予約申し込みフォームまたはお電話でお申し込み下さい
お気軽にお電話ください03-3355-0611[平日]9:00〜19:00
[土曜]9:30〜15:00
予約申し込みフォームへ
スマホサイトを表示