弁護士等紹介

弁護士 小林 譲二

弁護士

小林譲二
  • 小林 譲二
  • [こばやし じょうじ]

新潟県上越市生まれ
早稲田大学法学部卒業
1984年弁護士登録(36期・第一東京弁護士会所属) 当法律事務所入所

弁護士等の職歴

  • 日本労働弁護団常任幹事
  • 第一東京弁護士会労働法制委員会副委員長・外国法関係部会長
  • 國學院大學法科大学院客員教授(2015年9月まで)
  • 早稲田大学法学研究科講師・同大学保健センター法律専門相談員
  • 担当分野
  • 民事事件
  • 一般民事取引に関する事件(売買・賃貸借・請負など)
  • 損害賠償請求事件(交通事故など)
  • 人事・婚姻に関する事件(離縁・離婚に伴う財産分与・慰謝料請求・親権)
  • 相続に関する事件(遺言書作成・執行・遺留分行使・遺産分割事件など)
  • 中小企業と個人の経営及び債務整理に関する事件(任意整理・民事再生・破産など)
  • 刑事事件
  • 一般刑事事件
  • 労働事件(労働側)
  • 採用内定・試用期間・配転・出向・賃金減額・休職・過労死・メンタルヘルス・解雇・雇い止め・退職など個別的労働関係事件及び集団的労使関係に関する事件

  • 主な担当事件
  • 正規労働者に関する事件
  • 東京中央郵便局慣休息確認事件・深夜勤無効確認事件/日本リーダーズダイジェスト社閉鎖・全員解雇事件/東陽社閉鎖・解雇事件/アーク証券降格事件/エース損保解雇事件など多数
  • 非正規労働者に関する事件
  • 日本ヒルトンホテル有期労働契約雇止事件/一橋出版・マイスタッフ派遣労働契約解除事件など多数


【ごあいさつ】
弁護士生活33年目を迎えます。事務所に入所した動機は、労働者・労働組合側にたって多数の労働事件をやっている事務所で、労働事件をやりたいということでした。「就業人口の8割を超える労働者の権利保障なくして日本の人権はない」という想いからでした。入所すると、労働事件・市民事件を問わず、難しい事件、悩んでいる事件については事務所全体で討議し検討するという気風が私たちを援助してくれました。しかし同時に、尊敬する複数の先輩弁護士から「いろんな事件をやって何でもやれる弁護士になりなさい」、「労働事件に限らず多数当事者の事件をやり、そこから多数の依頼者の信頼を得るようにしないさい」「誠実さこそ弁護士の要諦」などのアドバイスもいただきました。その教えにしたがって、労働事件だけでなく、一般のみなさんが直面する様々な事件に取り組んできました。多数の方々の信頼を得られたかどうか、誠実に法律事務を実行してきたかについては自信を失うこともありますが、これからも残された弁護士人生を悔いのないように取り組んでいきたいと思っています。改めてよろしくお願いいたします。

著作等

  • 「労働者の権利と労働法」共著・学習の友社(解雇部分担当)
  • 「労働弁護士の事件ノート」共著・青木書店所収(エース損保事件・日本ヒルトンホテル事件担当)
  • 「全国最低賃金制を軸とした ナショナルミニマム」共著・ディノプリント出版会(解雇規制担当) 
  • 「詳説労働法」共著・商事法務所収(倒産法における労働組合との協議・意見聴取) など

ご相談のご予約は、予約申し込みフォームまたはお電話でお申し込み下さい
お気軽にお電話ください03-3355-0611[平日]9:00〜19:00
[土曜]9:30〜15:00
予約申し込みフォームへ
スマホサイトを表示