弁護士等紹介

弁護士 笹山 尚人

弁護士

笹山尚人
  • 笹山 尚人
  • [ささやま なおと]

1970年札幌市生まれ
1994年中央大学法学部卒業
2000年司法研修終了(53期)
2000年弁護士登録、第二東京弁護士会に所属・東京法律事務所に入所

弁護士等の職歴

  • 2006年6月〜2008年6月 青年法律家協会弁護士学者合同部会事務局長
  • 2008年6月〜2012年6月 青年法律家協会弁護士学者合同部会副議長
  • 2015年12月〜 首都圏青年ユニオン顧問弁護団事務局長
  • 主な取扱業務
  • 労働事件全般(労働者側)、契約法一般、不動産取引、相続・遺言・成年後見、家族問題、借地・借家、交通事故、各種損害賠償事件、債務整理・破産・民事再生、刑事弁護など

著作等

  • ■単独著作
  • 「人が壊れてゆく職場〜自分を守るために何が必要か」(光文社新書)
  • 「労働法はぼくらの味方!」(岩波ジュニア新書)
  • 「それ、パワハラです」(光文社新書)
  • 「パワハラに負けない! 労働安全衛生法指南」(岩波ジュニア新書)
  • 「ブラック企業によろしく 不当な扱いからあなたを守る49の知識」(KADOKAWA)

  • ■共著
  • 「学校で労働法・労働組合を学ぶ」(きょういくネット)
  • 「フリーターの法律相談室」(平凡社新書 当事務所の井上幸夫弁護士が共著者)
  • 「働くルールの学習」(きょういくネット)
  • 「法律がわかる事典」(日本実業出版社)

  • ■編集
  • 「自治体職員の働く権利 Q&A」(自治労連顧問弁護団編。日本評論社)
    *編集委員会のメンバーとして参加し、執筆もしています。

  • ■監修
  • 「おしえて、僕らが持ってる働く権利」(清水直子著、合同出版)
  • 「しごとダイアリー」(合同出版)
  • 「組織と働く人を守る 職場の重大トラブル防止ブック」(現代けんこう出版)

あげられた成果、今後取り組みたいこと

 これまで、京王新労組分社化リストラ事件、すき家団交拒否・未払い賃金事件、SHOP99名ばかり管理職事件、東京都教育庁超過勤務手当未払い事件、三菱ふそうやキヤノン、光洋シーリングテクノといった派遣切りや偽装請負事件など、雇用や労働条件の問題の多くに取り組んできました。現在も、全大教国立高専賃下げ事件等に取り組んでいます。

 2016年2月16日、カフェ・ベローチェ事件を東京高裁における和解で解決することができました。非正規雇用の学生アルバイトが雇用を奪われた案件で、解決金を支払う等の成果を上げることができました。非正規雇用の労働者の権利、尊厳を守り実現することは、弁護士登録以来一貫して取り組んでいる課題なので、非常にうれしく感じています。
 青年労働者、非正規雇用の労働者の権利実現は、弁護士登録以来の私のテーマです。雇用情勢が厳しい中、まだまだこの分野での尽力が必要だと考えています。

 相変わらず、パワハラの相談も多いです。2016年はパワハラ被害に対し、加害者が被害者に対し謝罪をし、職場にパワハラ防止の規程を作らせ、被害者の職場環境を確保の上、非正規雇用であった被害者を正規雇用にさせるという解決をしたケースがありました。
 単純な賃金未払いや賃金の切り下げ、乱暴な解雇といったブラック企業の跳梁跋扈と呼ぶべき相談も多くあります。
 働く者の権利、労働環境の維持・改善、そのための運動とともに歩むことは私のテーマの一つです。今後も尽力していきます。

 また2016年は、相続事件で成果をあげることができた年でもありました。相続の実務は細かいことも多くありますが、その一つ一つを丁寧に進めることができたと考えています。  このほか、離婚や高齢者の問題などの家族に関する事件、債権回収事件などでも尽力をした一年でした。

 さらに、福島第一原発から20キロ圏内に自宅や事業所があり避難を余儀なくされている被害者、政府による避難区域とはされないがゆえに、放射線被害があることの悩みを抱えた区域外の住民のみなさまの相談にも対応しています。今年は、政府による避難地域の境界線のすぐ外側の地域の受けた被害についてADRセンターで和解仲介を申し立てている案件で、解決に向かって進めること、また、「避難者訴訟」が大詰めを迎えているので、立証をやり切る活動に貢献したいです。

 事件を遂行する際には、すべてのケースにいえることですが、何よりも、ご相談者がおっしゃる被害や気持ちに寄り添い、共感できる弁護士でありたいと考えています。難しい問題であっても、それを解決するにはどうしたらいいか、知恵を絞って、ご相談者と共に解決の道を探ることを大切にしています。

 趣味は、音楽(ハードロック・ヘヴィメタル)の鑑賞及びライヴへの参加、小説(本格推理小説に限る)の読書、スキューバダイビングとスキー(最近、本当にやれていない)。
 2016年は、3回しかライヴに参加できませんでした。年最低4回は行きたいと考えていますので、もう少しそんな機会を増やしたいところです。昨年は、BABYMETALのライヴが楽しかった!今年は、LOUD PARKにも参加したいです!

 最近読んだ本で面白かったもの
 「日米安保と戦争法に代わる選択肢」(渡辺治・福祉国家構想研究会編、大月書店)。渡辺先生、さすがの分析力!安倍政権のやり方がどうもな…と思いながら、ではどうしたら…、というところに明確な回答。この本に立ち返りながら、今年の取り組みを進めたいと思います。

 「その可能性はすでに考えた」(井上真偽著、講談社ノベルス)。本格推理小説のひとつの形として、不可能状況について、きちんと説明のつく仮説が提示され、いったん「なるほど」と思わせておいて、その仮説の根本的矛盾を提示して鮮やかにひっくり返す。それが何度も繰り返される。いやはや、どんでん返しの楽しみを味わわせてくれる快作。おススメ!2015年9月の出版ですが、私が購入したのが初刷。重版になっていないのだろうか…、勿体ない。

 大好きな作家、石持浅海氏の新作を心待ちにしています。

ご相談のご予約は、予約申し込みフォームまたはお電話でお申し込み下さい
お気軽にお電話ください03-3355-0611[平日]9:00〜19:00
[土曜]9:30〜15:00
予約申し込みフォームへ
スマホサイトを表示