弁護士等紹介

弁護士 笹山 尚人

弁護士

笹山尚人
  • 笹山 尚人
  • BOOKSblog
  • [ささやま なおと]
  • 第二東京弁護士会所属

1970年札幌市生まれ
1994年中央大学法学部卒業
2000年司法研修終了(53期)
2000年弁護士登録、第二東京弁護士会に所属・東京法律事務所に入所

弁護士等の職歴

  • 2006年6月〜2008年6月 青年法律家協会弁護士学者合同部会事務局長
  • 2008年6月〜2012年6月 青年法律家協会弁護士学者合同部会副議長
  • 2015年12月〜 首都圏青年ユニオン顧問弁護団事務局長
  • 2017年4月〜2018年3月 第二東京弁護士会常議員
  • 主な取扱業務
  • 労働事件全般(労働者側)、契約法一般、不動産取引、相続・遺言・成年後見、家族問題、借地・借家、交通事故、各種損害賠償事件、債務整理・破産・民事再生、刑事弁護など

著作等

  • ■単独著作
  • 「人が壊れてゆく職場〜自分を守るために何が必要か」(光文社新書)
  • 「労働法はぼくらの味方!」(岩波ジュニア新書)
  • 「それ、パワハラです」(光文社新書)
  • 「パワハラに負けない! 労働安全衛生法指南」(岩波ジュニア新書)
  • 「ブラック企業によろしく 不当な扱いからあなたを守る49の知識」(KADOKAWA)
  • 「ブラック職場 過ちはなぜ繰り返されるのか?」(光文社新書)

  • ■共著
  • 「学校で労働法・労働組合を学ぶ」(きょういくネット)
  • 「フリーターの法律相談室」(平凡社新書 当事務所の井上幸夫弁護士が共著者)
  • 「働くルールの学習」(きょういくネット)
  • 「法律がわかる事典」(日本実業出版社)

  • ■編集
  • 「自治体職員の働く権利 Q&A」(自治労連顧問弁護団編。日本評論社)
  • *編集委員会のメンバーとして参加し、執筆もしています。

  • ■監修
  • 「おしえて、僕らが持ってる働く権利」(清水直子著、合同出版)
  • 「しごとダイアリー」(合同出版)
  • 「組織と働く人を守る 職場の重大トラブル防止ブック」(現代けんこう出版)

あげられた成果、今後取り組みたいこと

    これまで、京王新労組分社化リストラ事件、すき家団交拒否・未払い賃金事件、SHOP99名ばかり管理職事件、東京都教育庁超過勤務手当未払い事件、全大教国立高専賃下げ事件、三菱ふそうやキヤノン、光洋シーリングテクノといった派遣切りや偽装請負事件、カフェ・ベローチェ事件など、雇用や労働条件の問題の多くに取り組んできました。

 2018年も半ばを過ぎましたが、相変わらず、ブラック企業による長時間労働、賃金未払い、解雇・雇止め、ハラスメント事件などの労働事件が続々と押し寄せてくる状態です。

 2018年としては、偽装請負・解雇事件についての東京都労働委員会における和解、また、パワハラ的に行われた懲戒処分事件、賃金切り下げ・パワハラ事件で全面勝利判決を得るといった成果をあげることができました。

 青年労働者、非正規雇用の労働者の権利実現は、弁護士登録以来の私のテーマです。パワハラ事件に対する取り組みも大きなテーマです。雇用情勢が厳しい中、まだまだこの分野での尽力が必要だと考えています。

 2018年は、労働事件以外にも成果をあげることができました。
 不貞をされ結婚生活が壊れたことについて、不貞をした加害者に損害賠償を求めた事件、二回目の破産申し立てをした事件で免責決定を裁量で勝ち取った事件などで、成果を上げることができました。

 さらに、福島第一原発から20キロ圏内に自宅や事業所があり避難を余儀なくされている被害者、政府による避難区域とはされないがゆえに、放射線被害があることの悩みを抱える方々の相談にも対応しています。
 この関係では、3月22日に福島地裁いわき支部で私が参加している弁護団の取り組んだ訴訟では、帰還困難区域等で原告一人150万円の賠償という判決でした。決して小さい金額ではありませんが、私たちは被害に見合った内容ではないと満足しておりません。仙台高裁での控訴審にも全力で取り組みます。

 何よりも、ご相談者がおっしゃる被害や気持ちに寄り添い、共感できる弁護士でありたいと考えています。難しい問題であっても、それを解決するにはどうしたらいいか、知恵を絞って、ご相談者と共に解決の道を探ることを大切にしています。

 趣味は、音楽(ハードロック・ヘヴィメタル)の鑑賞及びライヴへの参加、小説(本格推理小説に限る)の読書、スキューバダイビングとスキー(最近、本当にやれていない)。
 2018年は、まだ1回しかライヴに参加できていません。そろそろ次の機会を持ちたい。

最近読んだ本で面白かったもの
 「原発事故被害回復の法と政策」(淡路剛久監修、吉村良一ほか著、日本評論社)。
 記のいわき支部判決を含め、2017年から2018年にかけて出された原発事故集団賠償請求訴訟の7判決を踏まえ、また、原発事故から7年を経て、原発事故の被害状況、それに対する被害回復として行われたことの状況、今後求められる法と政策について、最前線の学者の皆様が分析検討した論文集です。目を見開かされることばかりでした!

 「戦国大名と分国法」(清水克行著、岩波新書)。
 戦国大名が自分の領地の支配のルールとして定めているのが「分国法」です。「どこに誰の領地と認める」的な事務的な書類ではなく、領地の実情から、「こういうことにするからな」とルールを定めるところに、戦国の社会と領主の悩みが見えて、すごく面白い!「抜け駆けして敵につかまって殺されたって俺は知らないぞ。」とのルールには、大いに笑いました!最近、こういう史料の研究から歴史の真実に迫る本が好きです。

ご相談のご予約は、予約申し込みフォームまたはお電話でお申し込み下さい
お気軽にお電話ください03-3355-0611[平日]9:00〜19:00
[土曜]9:30〜15:00
予約申し込みフォームへ
スマホサイトを表示