弁護士等紹介

弁護士 笹山 尚人

弁護士

笹山尚人
  • 笹山 尚人
  • BOOKSblog
  • [ささやま なおと]

1970年札幌市生まれ
1994年中央大学法学部卒業
2000年司法研修終了(53期)
2000年弁護士登録、第二東京弁護士会に所属・東京法律事務所に入所

弁護士等の職歴

  • 2006年6月〜2008年6月 青年法律家協会弁護士学者合同部会事務局長
  • 2008年6月〜2012年6月 青年法律家協会弁護士学者合同部会副議長
  • 2015年12月〜 首都圏青年ユニオン顧問弁護団事務局長
  • 2017年4月〜 第二東京弁護士会常議員
  • 主な取扱業務
  • 労働事件全般(労働者側)、契約法一般、不動産取引、相続・遺言・成年後見、家族問題、借地・借家、交通事故、各種損害賠償事件、債務整理・破産・民事再生、刑事弁護など

著作等

  • ■単独著作
  • 「人が壊れてゆく職場〜自分を守るために何が必要か」(光文社新書)
  • 「労働法はぼくらの味方!」(岩波ジュニア新書)
  • 「それ、パワハラです」(光文社新書)
  • 「パワハラに負けない! 労働安全衛生法指南」(岩波ジュニア新書)
  • 「ブラック企業によろしく 不当な扱いからあなたを守る49の知識」(KADOKAWA)

  • ■共著
  • 「学校で労働法・労働組合を学ぶ」(きょういくネット)
  • 「フリーターの法律相談室」(平凡社新書 当事務所の井上幸夫弁護士が共著者)
  • 「働くルールの学習」(きょういくネット)
  • 「法律がわかる事典」(日本実業出版社)

  • ■編集
  • 「自治体職員の働く権利 Q&A」(自治労連顧問弁護団編。日本評論社)
  • *編集委員会のメンバーとして参加し、執筆もしています。

  • ■監修
  • 「おしえて、僕らが持ってる働く権利」(清水直子著、合同出版)
  • 「しごとダイアリー」(合同出版)
  • 「組織と働く人を守る 職場の重大トラブル防止ブック」(現代けんこう出版)

あげられた成果、今後取り組みたいこと

  これまで、京王新労組分社化リストラ事件、すき家団交拒否・未払い賃金事件、SHOP99名ばかり管理職事件、東京都教育庁超過勤務手当未払い事件、三菱ふそうやキヤノン、光洋シーリングテクノといった派遣切りや偽装請負事件、カフェ・ベローチェ事件など、雇用や労働条件の問題の多くに取り組んできました。現在も、大東建託事件、全大教国立高専賃下げ事件、理容室の労働者の賃金・預託金の支払い請求事件、警備業のアルバイト労働者の賃金請求事件等に取り組んでいます。

 2017年は、ある青年労働者が職場から一方的に締め出され、退職を強要された上、これを拒否すると、過去の事件を引き出して懲戒処分を下してきた事件、ある大企業でのパワハラ事件、ある大企業での就業規則変更による賃金引下げ事件を解決することができました。いずれも、労働者が受けた不当な仕打ちに対して、これを許さず、労働者の権利を実現したということができる解決とすることができました。

 またある職場で行われた非正規労働者に対するパワハラ事件では、労働組合へのアドバイスや使用者との交渉での立ち合いを通じ、使用者からの謝罪、就労環境の改善を約束させる成果もあげられました。

 単純な賃金未払いや賃金の切り下げ、乱暴な解雇・雇止めや退職勧奨といったブラック企業問題の相談は引き続き多数あります。パワハラの相談も多い。
 青年労働者、非正規雇用の労働者の権利実現は、弁護士登録以来の私のテーマです。パワハラ事件に対する取り組みも大きなテーマです。雇用情勢が厳しい中、まだまだこの分野での尽力が必要だと考えています。

 また近時、契約トラブルの事件や親族間での不動産トラブルの事件でも成果をあげることができました。
 市民の皆様から寄せられる相談には様々なものがありますが、何よりも、ご相談者がおっしゃる被害や気持ちに寄り添い、共感できる弁護士でありたいと考えています。難しい問題であっても、それを解決するにはどうしたらいいか、知恵を絞って、ご相談者と共に解決の道を探ることを大切にしています。

 さらに、福島第一原発から20キロ圏内に自宅や事業所があり避難を余儀なくされている被害者、政府による避難区域とはされないがゆえに、放射線被害があることの悩みを抱えた区域外の住民のみなさまの相談にも対応しています。

 趣味は、音楽(ハードロック・ヘヴィメタル)の鑑賞及びライヴへの参加、小説(本格推理小説に限る)の読書、スキューバダイビングとスキー(最近、本当にやれていない)。
 2017年に入り、3回、ライヴに参加できました。TREATのライヴが最高でした!今年は、LOUD PARKにも参加したいです!

■最近読んだ本で面白かったもの
 「つながり、変える 私たちの立憲政治」(中野晃一著、大月書店)。
 野党共闘を導いた市民連合の中枢メンバーである中野上智大学教授が、立憲政治の実現活動の内容と意味を、経験と学識の双方から語る。実現できたことも、困難であったことも率直に語られ、なるほどという分析も施されています。社会運動を考えるときにとても参考になります。

 「鎮憎師」(石持浅海著、光文社)。
 待っていました、大好きな作家、石持氏の新作長編!殺人事件が発生し、容疑者はグループ内の誰か。誰が犯人か?グループ内のディスカッションを通じて犯人が明らかになっていくという従来の石持テイストに加え、鎮憎師(ちんぞうし)という一風変わった存在が、事件の真相を見抜き、復讐の連鎖を食い止める。目の付け所が他と違う、石持氏ならではの快作!次回の新作も、期待しています!

ご相談のご予約は、予約申し込みフォームまたはお電話でお申し込み下さい
お気軽にお電話ください03-3355-0611[平日]9:00〜19:00
[土曜]9:30〜15:00
予約申し込みフォームへ
スマホサイトを表示