ニュース&トピックス | 東京法律事務所

2016年のニュース

事件紹介

国際自動車(雇止め)仮処分事件で勝訴決定(小部正治弁護士菅俊治弁護士江夏大樹弁護士担当)

残業代請求訴訟を提起したことを理由に雇止めされたタクシー乗務員が、国際自動車株式会社を相手に起こした裁判で、8月9日、東京地裁が乗務員勝訴の決定を出しました(東京地裁民事36部・川淵健司裁判官)。裁判所は、「債務者(会社)は、従業員が会社を提訴すること自体が、労働契約の重大な不更新事由の一つであると主張するが、かかる主張は、裁判を受ける権利の保障(憲法32条)及び労働基準法の趣旨を没却する独自の見解である」と明確に断罪しています。

代理人は、当事務所の小部正治弁護士菅俊治弁護士江夏大樹弁護士、江東総合法律事務所の蒲田哲二弁護士・中村優介弁護士です。

事件の詳細については、ブログをお読みください。



PAGE TOPPAGE TOP

ご相談のご予約は、予約申し込みフォームまたはお電話でお申し込み下さい
お気軽にお電話ください03-3355-0611[平日]9:00〜19:00
[土曜]9:30〜15:00
予約申し込みフォームへ
スマホサイトを表示