ニュース&トピックス | 東京法律事務所

2010年のニュース

平和と憲法

国会議員の比例定数の削減に反対するタブロイドを作成しました。

民主党が国会議員の定数削減に執念を燃やしています。  民主党・菅首相は、2010年7月の参議院選挙で「衆議院の比例定数80削減」を公約に掲げ、9月の民主党代表選挙、10月の臨時国会での所信表明演説でも、議員定数の削減を繰り返し表明しました。

■比例定数が削減されるとどうなるの?

→得票と獲得議席のゆがみがますます大きくなり、国民の声が国会に届かなくなります。

いまの衆議院の選挙制度である小選挙区・比例代表並立制は1994年に導入されました。小選挙区制は選挙区で第1位の得票を得た者のみが当選する制度ですから、大政党に極端に有利になり、多様な民意は切り捨てられます。その弊害を緩和するために、比例代表との並立制とされたのです。民意を反映するための比例代表の議席を削減すれば、今まで以上に各党の得票数と獲得議席のゆがみが大きくなり、世論が国会に反映しなくなります。

2009年総選挙の比例代表の得票率をもとに、比例定数を80削減されたらどうなるのかをシミュレーションしてみると

民主党(得票率 42.41%)→ 274議席(議席占有率68.5%)

公明党(得票率 11.45%)→  10議席(議席占有率 2.5%)

共産党(得票率  7.03%)→   4議席(議席占有率 1.0%)

社民党(得票率  4.27%)→   3議席(議席占有率 0.8%)

となり、民主党が本来得られる議席の1.6倍を獲得する一方、公明党で4.5分の1、共産党にいたっては7分の1の議席しか得られないことになります。これが公正な選挙制度と呼べるでしょうか。

■ムダな国会議員は減らすべきでは?

→いまでも少ない議員定数を減らせば、私たちの大切な一票がますます政治に届かなくなります。

いまでも、日本の議員定数はヨーロッパ諸国に比べて少なめです。

日本  → 人口27万人に対し議員1人(衆議院)

イギリス → 人口 9万人に対し議員1人(下院)

フランス → 人口10万人に対し議員1人(国民議会)

ドイツ  → 人口13万人に対し議員1人(連邦議会)

国会議員というのは、国民の中にある様々な要求や意見を国政に反映させる「回路」ですから、いまでも少ない国会議員をさらに減らせば、「回路」が断ちきられ、私たちの一票がますます国政に反映されなくなります。
「ムダを省く」というなら、ヨーロッパ諸国に比べて段違いに高額な「政党助成金」をまず廃止すべきです。国会議員「ムダ」論については、こちらの自由法曹団意見書もご参照下さい。

当事務所では、この比例定数削減の問題を多くの方に知っていただきたく、タブロイドを作成しました。是非、ご活用下さい。


(PDF 約630KB)

(PDF 約450KB)

PAGE TOPPAGE TOP

ご相談のご予約は、予約申し込みフォームまたはお電話でお申し込み下さい
お気軽にお電話ください03-3355-0611[平日]9:00〜19:00
[土曜]9:30〜15:00
予約申し込みフォームへ
スマホサイトを表示