—今、官邸での質問制限、嫌韓報道の加熱などによって、民主主義や国民の知る権利と、メディアとの関係が改めて問われている。また「表現の不自由展」中止問題では、日韓関係や表現の自由を巡って大きな議論が巻き起こっている。日韓の新聞記者は今何を考え、どう行動するのか……

参加費 無料

12月7日(土)13:30~15:30

場所:主婦会館プラザエフ9階(JR四谷駅)

参加費無料/要事前申込

日韓のメディア規制の実態は?

メディアは政府とどう闘ってきた?

「嫌韓」報道、市民はどう思ってる?

メディアとどう向き合えばいい?

講演

南 彰 さん日本新聞労働組合連合委員長

南彰さん

1979年生まれ

2002年朝日新聞社入社

近著:『報道事変 なぜこの国では自由に質問できなくなったか』(朝日新書2019)
『安倍政治 100のファクトチェック』(共著、集英社新書2018)

チョ・ギウォン 조기원 さんハンギョレ新聞東京支局長

チョ・ギウォン 조기원 さん

1977年生まれ

2003年 ハンギョレ新聞入社

2017年 東京特派員 赴任

【ハンギョレ新聞】 1987年に韓国民主化闘争の下、国民が株主となって創刊された、「民主主義の新聞」「マスコミ改革を主導する新聞」を掲げる全国紙。

アクセス

@主婦会館プラザエフ9階

参加申込

氏名必須
必須項目です
組合名必須
必須項目です
メールアドレス必須
必須項目です
ひとこと必須
必須項目です
※お預かりした個人情報は当事務所で責任をもって管理し、
当事務所からのご連絡やイベント・セミナー等の情報提供に利用させていただきます。
参加申込は終了しました。

PAGE TOPPAGE TOP